一覧に戻る

成都物質ビル跡地再開発

場所

成都市に式江区

主要用途

オフィス、ホテル、商業

延床面積

121,600sqm  

施主

成都怡和地産

設計期間

2010年

状態

基本計画

其他

成都市の最中心地、天府広場に面したところに超高層のホテル、オフィスおよび商業施設をつくる計画である。望まれた面積はオフィス約7.5万m2、ホテル約2.5万m2、商業約2.1万m2であった。

このオフィスとホテル必要面積を満足し、かつホテルの独立性をつくるため、高層棟の下半分はオフィスとして一体でつくり、上半分では2棟に分割しその1棟をホテルとした。結果としてY型の、彫刻のような高層棟ができあがった。