一覧に戻る

青海省互助県温泉複合施設

場所

青海省互助県

主要用途

温浴施設、5-star ホテル、劇場

延床面積

 53,946.29 sqm

施主

青海彩虹部落文化旅游发展有限公司

設計期間

2014年6〜

状態

拡初設計中

其他

濾過設備設計:ミズプラ

中国の北西部。青海省の互助県で温泉関連の複合施設を設計している。青海省互助県は海抜2300m、夏の最高気温が25度前後、冬は-30度前後となる高原寒冷地区であり、少数民族(土族)の独特な文化や風習が残る地域である。

施主は青海省の特産品である青稞酒を開発生産する会社であり、地域文化と自社の酒文化を生かした観光開発を行っている。敷地の道路を挟んだ南西側には土族の生活や風習を見学し体験できる土族文化パークがある。私たちが設計しているこの施設は、これら全体観光の一端を担うものである。 

機能として求められたのは、1日1200人、同時に800人を収容する大規模温浴施設と四ツ星ホテル、そして480人収容の大ホールである。ホテルは客室数180、洋と中華の2つのレストラン、スポーツジムおよびSPA設備を含む。大ホールは会議や結婚式のためのものである。そして温浴施設、ホテル、大ホールはそれぞれ独立で運営可能にする必要があった。

いくつもの機能が集まる複合機能に対し、まず私たちはカルチャーギャラリーと名付けた空間をつくった。このカルチャーギャラリーは温浴施設、ホテルそして大ホールを結びつける軸となるだけでなく、敷地南西側にある土族文化パークからの人の流れを受け入れる。さまざまな人が行き交うことになるカルチャーギャラリーには、土族文化を展示したり、施主の商品(青稞酒)に関するイベントを行うスペースにもなる。