一覧に戻る

無錫桃花島、花間堂温泉ホテル

場所

中国無錫市恵山区桃花島公園内

主要用途

温泉,温泉ホテル

延床面積

21,337.72sqm

施主

花間堂

設計期間

2014年4月~2017年8月

状態

開業

其他
 

中国無錫市郊外、陽山の麓で桃の木々が一面に群生する桃花島エリアに、花間堂というブランドの温泉ホテルを設計した。
施主である花間堂からは、温泉施設やお客同士が知り合える共用空間、66室の客室、あとは管理用施設が必要とされ、また花間堂のコンセプト、つまり現地の特徴を生かし、お客は自分の空間に閉じこもるのではなく、お客どうしが知り合い、交流しあらたな発見ができるよう、デザインでもそれを具現化することが求められた。

私たちは温泉棟を地域のシンボルである陽山に面するよう敷地の北西角に配置し、66室の客室をお客同士が知り合い、コミュニティを形成できる規模の10室を1単位の村として、温泉棟を起点として輪を描くよう7つの村を配置した。

それぞれの村は、地面から切り離して2階レベルに浮かせた人工地盤をつくり、その下は外の庭園やランドスケープの自由で曲線的要素がそのまま入り込むオープンな空間とし、そこにはレセプションを兼ねたリビングやバーやプレイルームやヨガルームなどの共有空間、そして貸切風呂を7つの村に分散配置して、お客が村をまたいで自然に自由に散策し、その中で新たな出会いや発見がうまれるようにした。

一方、人工地盤の上は自由でオープンな下階から切り離し、10室のためのプライベートな空間とし、客室や10室のお客のためのリビングなどを白いボックスとして乗せた。人工地盤は周囲に群生する桃の木の樹冠より少し高めに設定してあり、桃の木が開花する季節には、まるで桃の花の海面を鑑賞することができる。

陽山に向けて配置した温泉棟には、2つの異なる空間の浴室をつくり、毎日男女を入れ替えることで一泊の夜と朝で2つの空間を楽しめるようにした。

このような工夫によって、お客は地域の風土や緑を全身で感じながら、花間堂ならではのお客同士の自然な発見や交流をもたらせるようにしている。